HOME>アーカイブ>どのような種類の手続きを行うかを考えることで
ビジネス

どのような手法を選ぶか

企業買収には様々な手法があり、株式譲渡は最も一般的な手法です。株式譲渡では個人または法人が所有する株式を譲渡する形を取ります。こうすることで株主の地位を他社に簡単に移転できます。株式譲渡の手続きは手続きが比較的簡単ですので人気の手法となっています。企業買収では会社の事業の全部を譲渡する場合もありますし、一部を第三者に譲渡する場合もあります。こうした事業譲渡では譲渡対象になる資産や負債などの選別が必要となります。株式譲渡と比較して、個別に様々な手続きが必要ですので、株式譲渡と比較すると手続きが煩雑となる特徴もあります。買い手企業のメリットとして、帳簿外にある簿外債務を引き受けるリスクがないことがあります。

手数料を考慮する

企業買収は手続きが複雑ですし、相手先企業の精査も必要になりますので、仲介会社に手続きを依頼するのが一般的となっています。こうした依頼をする時は、着手金が必要なこともありますし、完全成功報酬型で着手金が不要のこともあります。着手金が必要な理由として、着手金を使って相手先の企業を調べたり、その企業の財政状況を調べたりすることがあります。最近では着手金が必要ない完全成功報酬型の仲介会社が増えていて人気となっています。

広告募集中