リスクの洗い出しからはじめよう

社員

M&Aは企業が成長するために有効な戦略の1つではありますが、何も考えずにおこなうと会社にとって大きな損失につながることもあります。実行する際にはいくつか注意しなければいけないことがありますが、失敗しないために買収側が行わなければいけないのは買収する企業の情報収集です。特にこれまで全く取引がない企業の場合は企業の情報がないまったく状態での交渉となるため、交渉する前にさまざまな方法を駆使して相手の情報を入手することによって交渉の際に優位に立つことができます。特に注意して事前にチェックしなければいけないこととは買収することによって生じる可能性があるリスクです。例えば買収を刷る企業は提出する決算書に記載されていないような負債を抱えているかもしれませんし、業績のよう会社も法律違反スレスレの節税対策を行っている可能性もあります。事前にそういった問題を発見できれば買収前に改善させることができます。

何のために行うのか

ビジネス

近年はM&Aでの会社間の折匹が増加傾向にあります。M&Aを実行する目的とはいったい何なのか考えてみましょう。一般的な目的押して買収側は自分の会社の事業を拡大させる目的で行うことが多いです。例えば同業者の別会社を買収すれば今までにない取引先が増えますし、まったくの異業種を買収することで新規事業に参入するきっかけづくりにすることもできます。そして売り手側の目的としては経営の立て直しのためや資金調達といった目的でM&Aを実行することが多いです。しかしそれ以外にも近年特に中小企業で問題となっている事業承継を解決させる目的として実行したり荒孔技術やノウハウを吸収する目的で実行したりするなど様々な目的でおこなわれています。

広告募集中